金融マニア

キャッシング会社は、しっかり比較した上で利用しましょう

キャッシング会社を利用する前に、どこで借りると自分にとっては有利になるのか、事前にしっかりと比較する事が大切です。

キャッシング会社は銀行系、クレジット会社系、消費者金融系の三つに分類する事が出来ます。

なかでも消費者にとって人気を博しているのが、消費者金融系のキャッシング会社です。

その最たる理由と言えば、融資が行われるまでのスピードが、圧倒的に早い点だと言えるでしょう。今すぐお金を借りることを希望されている人にとって非常に心強いですよね。

公式サイトから借り入れを申し込んだ場合、その場で審査結果が判明するケースが殆どです。

銀行系やクレジット会社系の場合、審査は厳格に行われますので、ある程度の日数が掛かってしまいます。

ところが消費者金融系の場合、審査のスピーディーさもあって、最短でその日のうちに融資額を振り込んで下さるという事も可能です。

利便性の高さ故に、金利が若干高めに設定されています。

ですが多くの会社で日割り計算を採用していますので、早期に返済すればする程お得になるのです。

また時折、一定期間無利息のキャンペーンを実施しているところもありますので、それを活用する事でお得さが増すと言えます。

少額ではあるものの、どうしても今日中に纏まった現金を手にしたい場合は、消費者金融系から借り入れを行ったほうが良いでしょう。

各社で金利、融資可能額、返済期間、審査のスピード、即日融資の可否等、提供しているサービスに違いがありますので、徹底的に比較出来るサイトを活用して下さい。

大手以外にも素晴らしいサービスを提供している会社が沢山ありますので、比較する事でより上手に活用出来るのではないでしょうか。

消費税10%はいつからなのか

2014年4月、まさについ最近のことですが消費税が5%から8%になりました。
消費税が3%も上昇したというのに、不思議と税金が上がったという感じがしないのはなぜでしょうか。

そして、来年2015年10月には消費税が10%になるとも言われています。
たった一年半で消費税が倍になるというこの事態に、意外と日本国民は冷静なのに驚きです。

消費税に対しては常に反対の意思を見せる民意も、高齢化&少子化となる社会に白旗を挙げたということなのでしょうか。

消費税の歴史を振り返ってみると、
最初に導入された消費税3%が施行されたのが1989年(平成元年)の4月です。
今から26年前のことなんですね。

次の消費税5%になったのが1997年(平成9年)の4月です。

そして、8%になったのが2014年ですから、5%から8%になるまでは実に17年もの時を経たということになります。

5%から8%になるまで17年もかけておいて、
8%から10%になるまでは1年半しかかからないというのはどういうことなのでしょうか。

この辺りに政府の無計画さ、行き当たりばったりさが見えてくると思いませんか?

財源が確保出来なくなったから消費税を上げるという…
ものすごく安易な方法に見えてしまう訳です。

今後消費税が10%になった時、
日本経済はどのようになるのでしょうか。

おそらく景気が悪くなると考える人が多いのかもしれませんが、
今回5%から8%になったようにあまり変わらないと私は思います。

むしろ、国が財源を確保出来る恩恵として
世の中の景気が更に上昇してくると思ったりもします。

2020年の東京オリンピックまで景気は上がり続けると言われていますが、
出来れば今のうちから2020年後の日本経済を考えた舵取りをして欲しいものです。

もちろん、私たち国民一人ひとりも2020年後の生活を見据えた準備が必要だとも思います。

借金をためらうな

お金を借りることをことを躊躇してはいけません。
今までの私の人生の経験上、借金をためらっている人で成功している人ってあまりいません。

自己破産覚悟で思い切って借金をしてリスクを背負っている人の方が成功しますね。
リスクを背負う度胸が無い人ははっきりいって成功しません。

多少の成功はあるかもしれませんけどね。
リスクヘッジも大切ですがそればっかり考えている人は経営者には向きませんね。

ドーンと借金して10倍稼げばいいんです。
それでいいんです。

堅実にちまちま生きるよりも勝負をかける方が人生楽しいです。ヒリヒリとそしてチリチリとした人生こそ生を感じるものだと私は考えています。

借金をすることは確かに怖い事ですが、勇気を振り絞って目的を達成するために限界ギリギリまで借金してみましょう。

自分の中で何か始めるものがあるかもしれませんよ。
まぁ借金をしなくてもまとまったお金があるという人は借金する必要性がないのはいうまでもないことですが。

お金というものは一部のお金を持っている人間だけがガンガン稼ぐのが今の日本の実情です。
ほんの一部の人間だけが多くの利益を得ているんですね。

その一部の人間になるためにもガンガン攻めてそして成功してください。
成功した時、違う景色が見えます。

その時、人生ってこんなに楽しいものなんだと実感することが出来るでしょう。

お金を儲けるためにはお金を使うべき

お金を儲けるためにはお金を使うべきだと私は思います。
無駄なことにお金を使わずにするということももちろん重要な事です。

無駄な浪費は僕も良くないと思います。
ただし、お金を儲けるための投資はガンガンするべきだと思うのです。

もちろん投資した額が回収できるなんて保証はどこにもありません。
投資したお金の全てが無駄になるかもしれません。

でも投資した分だけ大きなリターンを見込めます。
ただこれはコストカットを無視した投資という意味で捉えないでくださいね。

投資するんだけどしっかりとコストは意識して無駄なところにお金を使わないようにすることは大切です。
同じ商品を購入するにしても一円でも安い商品を購入する努力をするべきです。

それは大前提として今の話しをしています。

人生一度限り。お金をプールしておけば万が一の時に役立つことは間違いないでしょう。
でもプールだけしているお金は収益をうまないので可能性を捨てている事でもあるのです。

なのでお金を儲けるためにはお金を使うべきが吉だと思います。

お金儲けの話しが好き

お金儲けの話しって楽しいですよね。

なんかワクワクしてきます。

お金を稼いだからって偉い訳じゃありませんが、大人である以上お金を稼がなければいけないこともまた事実です。

そしてお金がないよりもお金があった方がやりたいことを自由にできるから便利です。

どうしたら本当にお金持ちになれるのか私はそういうことを考えると大興奮してきます。

守銭奴と言われるかもしれません。でもそれってただの妬みの発言ですよね。 もし私の事を守銭奴と呼ぶのなら私よりも稼いでから主張してください。

でも対して私は稼いでいないので安心してください(笑)

とにもかくもお金儲けが大好きなのでどういったビジネスをすれば成功するのかを友人と話すのが楽しみでなりません。

私みたいな人間が仕事人間っていうんでしょうね。 でも仕事をしている感覚ではなくゲームをしている感覚なんですよね。

ゲームが仕事になり仕事がお金を生む。 なんて素晴らしいんでしょうか。

おそらく仕事が好きな人は儲ける素質を持っていると思います。 仕事が嫌で嫌で仕方がない人は儲ける素質はないでしょう。

でも何かのきっかけで仕事をすることが好きになったら儲けることが出来るでしょう。 「好きこそものの上手なれ」ってことばが私は大好きです。

お金儲けをガンガンしたいと思っている方はまずは仕事が大好きになる必要があります。そういった意味で好きじゃない仕事をやるのはあまりお勧めできませんね。

Copyright © 2014 金融マニア

Theme by Anders NorenUp ↑